水苔を使ったアガベ・カキコの発根管理

2021年12月から自宅のリビングでアガベを育て始めたNakaです。ブログをご覧いただきありがとうございます!

ブログの更新はSNSでお知らせしていますので、TwitterやInstagramもご覧いただければと思います。

nakagramのSNSアカウント

▶︎Twitter:@Naka_plants
▶︎Instagram:@nakagram_plants

アガベのカキコが2つ手に入ったので、発根管理を行うことにしました。

アガベと言えば「ほぼ必ず発根する」とされていて、ネット記事やYouTubeを見る限りでは、僕のような初心者でもそれほど難しくない印象を受けます。

しかしですね、実は僕、水耕での発根管理に失敗しています。失敗というか、真冬に発根管理をしたので環境が悪かっただけなのだと思うのですが...。

ということで今回は水耕でも土耕でもなく、水苔を使った発根管理をしていこうと思います。

この記事では、水苔による発根管理の具体的な方法と発根管理開始前の株の状態を紹介していきます。

水苔での発根管理に使うアガベのカキコたち

まずは今回発根管理を行う株を紹介します。

1つ目は、春の植え替えの際に下葉と一緒に取れてしまった王妃雷神のカキコ。
かなり小さいので、発根するかどうか心配です。

水苔で発根管理を行うアガベ王妃雷神の画像

2つ目は、メルカリで購入した姫巌流のカキコ。こちらも小さくて根は全く出ていませんが、顔がいいだけに発根してくれないと困ります。

水苔で発根管理を行うアガベ姫巌流の画像

そしてそして、さらにもう一つ諦めていた株を一緒に発根管理してみることにしました。
以前このブログでも紹介しましたが、冬に下葉が枯れてしまい根を切り落とした笹の雪です。

水苔で発根管理を行うアガベ笹の雪の画像

この株は水耕で発根にチャレンジしてみましたが、時期が冬だったこともあってか全く根は出ず。その後ずっと放置してありました...。発根してくれるといいのですが。

水苔での発根管理のために用意した物品

アガベを水苔で発根管理するにあたって準備した物品の画像

水苔でアガベの発根管理を行うにあたり準備したものは以下の2つです。

  • 水苔(セリアで購入)
  • トレー(無印良品)

水苔にも「質」があるようなのですが、ひとまず湿った環境と風通しが確保できればいいので、今回はセリアで100円の水苔を購入。

ホームセンターなどで売っている水苔は容量が多すぎて使わない分の管理が大変ですが、セリアで購入した水苔は無印良品のトレーに1袋がちょうど収まる程度でした。

スポンサーリンク

水苔での発根管理前の準備

発根管理を行う前には、主に2つの処置が必要です。

  1. 根本をしっかりと乾燥させ、殺菌剤を塗布
  2. 根元に発根促進剤を塗布する

病気予防のために、まずは根本をしっかりと乾燥させる必要があります。べニカXネクストスプレーみたいな殺菌剤を使うといいですが、今回は株が小さく季節的にも短時間でしっかりと乾燥させられそうなので、自然乾燥のみに。

ちなみにべニカXネクストスプレーは夏の害虫対策に役立つので、持っておくと重宝します。

また、アガベを栽培する著名な方達のほとんどは、根元にルートンなどの発根促進剤を塗布してから乾燥させるようです。しかし僕の手元にはルートンがないので、こちらも今回は使用せず。しかし発根の確率を上げるためにも、可能ならば塗布しておくべきかと思います。

水苔での発根管理を行う環境

僕が調べたところによると、水苔で発根管理を行うメリットは以下の通りです。

  • 常に湿った環境を維持できる
  • 湿った環境でありながら風通しを確保できる
  • 土耕と同じように根に光が当たらない(根は光を嫌う性質があるらしい...)
  • 根のない小さなカキコでも安定して植え付けができる

これらのメリットに対し、デメリットとしては水耕や土耕+腰水と同じように蒸れによってカビが発生しやすいことだろうと思います。

と言うことで、様々なブログやYouTube動画をもとに今回は室内の窓辺でサーキュレーターを当てて管理することにしました。

土耕にしても腰水で管理する人もいれば乾いたら水やりをする人もいるし、水耕にいたっては根回りの風通しなんて皆無なわけで、要するに発根のためのスイッチさえ入れば発根してくれるはず。

カビの発生などで株そのものを腐らせてしまわないよう注意しながら管理していこうと思います。

LINEでブログの更新をお知らせします

「nakagram」の更新はLINEでお知らせしています。nakagramを友達追加していただくと、最新の投稿を見逃しません‼︎

Twitterでフォローしよう

Recommend Posts