アガベ「笹の雪」の成長記録|下葉が枯れてきた

2021年12月から自宅のリビングでアガベを育て始めたNakaです。ブログをご覧いただきありがとうございます!

ブログの更新はSNSでお知らせしていますので、TwitterやInstagramもご覧いただければと思います。

nakagramのSNSアカウント

▶︎Twitter:@Naka_plants
▶︎Instagram:@nakagram_plants

12月にお迎えしたアガベ「笹の雪」ですが、下葉が2枚枯れそうになってきました。 このタイミングで1度、成長記録を書いておこうと思います。

Instagramでもアガベの成長記録を投稿していますので、よかったらフォローしてください。

12月にお迎えしたアガベ「笹の雪」

アガベ「笹の雪」は僕が初めて購入したアガベで、これまでブログでも何度か紹介したことがあります。

12月の初めに近隣のナーセリーで購入したアガベ笹の雪ですが、一部黒くなったところがあったんですね。

なぜ黒くなるのか。

寒さのせいなのか、それとも病気にかかっているのか。

よく分からなかったので、調べてみることにしました。

調べた結果、それでもよく分からなかったので「しばらく様子を見る」という選択をしました。

アガベ「笹の雪」の下葉が枯れてきた

「しばらく様子を見る」と決めてから約10日経ちますが、最も外側にある下葉が2枚、シワが寄って柔らかくなってきました

まずは1枚目の葉を見てみます。

だいぶシワが寄っているのが分かると思います。

触ってみると他の葉のような硬さはなく、柔らかくなってきています。

この葉の付け根を見てみると、

茶色や黒の乾燥した斑点がいくつか見られます。枯れてきているのかもしれません。

続いて2枚目の葉も見てみようと思います。

1枚目の葉の上に被さるようについている葉になります。先端は黒く枯れてしまっていたので、痛まないようカットしてあります。

1枚目の葉と同じようにシワがより、明らかに柔らかそうなのがよく分かります。

この2枚目の葉の根元はと言うと、

やはり黒くなっています。下葉の2枚は、今後いずれも枯れるものと思います。

根の状態を確認してみるべきか

下葉の2枚はかろうじて形を保っていますが、おそらく今後は枯れていくものと思います。
柔らかくなっていない他の葉への影響を最小限にするため、枯れてきたら早めに下葉を取ってやろうと思います。

アガベの栽培本では、「笹の雪は植え替えを行うと下葉が一周枯れることがある」と書かれています。
僕の笹の雪は室内で育てるため、購入後に室内用の用土を使い植え替えを行っています。根の整理は行っていないのですが、もしかすると新しい根が出ていないのかもしれません。

根の状態を確認しにいきたいところですが、これからさらに寒くなるのでせめて3月くらいまで待ってみようと思います。暖かくなってきたら根の状態を確認して、状況によっては水耕で発根させてから植え直してみようと思います。

このブログは”人気ブログランキング”に参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると励みになります‼︎

備忘録・雑記ランキング

LINEでブログの更新をお知らせします

「nakagram」の更新はLINEでお知らせしています。nakagramを友達追加していただくと、最新の投稿を見逃しません‼︎

Twitterでフォローしよう

Recommend Posts