「知性豊かで創造力がある人になれる LISTEN」で学んだ”聴くこと”の意味

手術看護の専門家、Nakaです。ブログをご覧いただきありがとうございます!

ブログの更新はSNSでお知らせしていますので、TwitterやInstagramもご覧いただければと思います。

nakagramのSNSアカウント

▶︎Twitter:@NK_PONS
▶︎Instagram:@nk_pons

年末に購入し年明けから読み始めた「知性豊かで創造力がある人になれる LISTEN」を読み終えました。

約500ページの厚い本でしたが、「これまで教わってきた聴くためのスキルは、すべて聴くフリをするためのスキルだった」というのが率直な感想です。

相槌(あいづち)を打つことも言い換えて伝えることも全て聞いているフリをするための技術であって、「本当の意味での聴く=好奇心を持って能動的に聴く」が身にしみた一冊でした。

読みやすさ
満足感
学びの深さ

1聴いているフリはできるけど、ほぼ聴いていない

「聴く」というのは日常生活で特に意識しなくても行われていて、逆に何も聴いていない無音状態の方が落ち着かなかったりしますよね。

僕は看護師として「傾聴」というスキルを学んできました。看護学校だけでなく、認定看護師になるための教育課程においても人間関係論やコミュニケーションを学んでいるので、人より教育を受ける機会は多いはずです。

しかし思い返してみると、「適度な相槌を打ちましょう」とか「最後まで口を挟まないようにしましょう」っていう方法論、言い換えれば聴いているフリをするためのスキルばかり教えられてきたような気がします。

相槌を打つことも口を挟まないことも、人の話を聴くうえでとても大事なことですが、形だけの方法論では全く意味がありませんよね。

そもそも聴くとはいったいどういうことなのでしょうか。本書の中ではこのように書かれています。

聞くということは、「すべきこと・してはいけないこと」のチェックリストに従うことではありません。心と考え方の習慣です。

「知性豊かで創造力がある人になれる LISTEN」p.68

頭の中で分かっているものの、やはり根本的に相手への好奇心がないと本当の意味で「聴くこと」はできないようです。

2「知性豊かで創造力がある人になれる LISTEN」の概要

「知性豊かで創造力がある人になれる LISTEN」を手に持っている画像

聴くことに関する書籍って本当にたくさんありますが、”知性豊かで創造力がある人になれる LISTEN”の中では「能動的に耳を傾けること」と表現されています。付け焼き刃の方法論ではなく、好奇心を持って相手の話を聴くことが何よりも重要であるというのが核となる部分です。

本書の流れとしては、好奇心を持って相手の話を聴くための心の持ち方に始まり、読み進めるにつれて具体的な方法論に移っていくという流れで書かれています。心の持ち方から方法論までの流れが自然なので、読み終わる頃には「よし、人の話を聴こう」という気になりました。

しかし参考文献まで含めると総ページ数は503ページもあり、2022年の1月10日から毎日の朝活で読み進めましたが、完読するのに約2週間かかりました。

作者のKate Murphy(ケイト・マーフィー)はNYタイムズを中心にアメリカとイギリスを飛び回るジャーナリストで、ところどころトゲのある言い回しがあり、読んでいて笑ってしまうような部分もありました。

とは言え、やはりボリュームがある分、手軽に「聴くこと」に関する理解を深めたい方や読書慣れしていない方には不向きかもしれません。

スポンサーリンク

3「知性豊かで創造力がある人になれる LISTEN」で印象に残った言葉

聞きべたの人たちは、本気で考えているのです。人の意見を聞くとは、相手の唇が動くのをやめて自分が話せるようになるまで、礼儀正しく待つことだと。

「知性豊かで創造力がある人になれる LISTEN」p.62より引用

このようなフレーズは、聴くことに関する書籍でよく出てくるフレーズです。

まさにこれが、相手の話を聞くことが「我慢」であると感じてしまう理由ですよね。

僕なんかは、相手の話が長くなると「長いな。早く終わらないかな」なんて考えてしまい、集中力が途切れてしまいます。

このような状況では、「聞く」ではなく「待つ」になってしまっていることがよく分かりました。

しかし、例え興味を持って相手の話を聞けたとしても、相手の口から出てくる言葉ひとつひとつに反応し、価値判断を加えながら聞いてしまうこともあります。

表面的にしか聞いていないとか、粗探しのための聞いている、もしくは意見をうかがいながら聞いているような相手には、大切な自己開示をあなたはおそらくしないでしょう。逆もしかりです。

「知性豊かで創造力がある人になれる LISTEN」p.128より引用

相手の話を聞きながら「うん、うん」と相槌を打ち、表面的には聞いているように見えても、実は頭の中で「それは違うでしょ」「なんだかな...」みたいに価値判断を加えてしまっていることってよくありますよね。

自分が話している時に相手が上の空だと、「つまらなそうだな」って感じてしまい、話すのを切り上げてしまうことがあります。

意外にも、聞き手として話を聞いている時よりも、話し手として話している時の方が相手の感情が分かりやすいということに気がつきました。

気が散る最大の原因は、「次にどんな気のきいたことを言おうかな」とか、もし言い争いの場なら「次にどんな破壊力のあることを言ってやろうか」といった、次に何を話そうかと考えることです。

「知性豊かで創造力がある人になれる LISTEN」p.163

「何て声をかけようか」とか「何てアドバイスしてあげよう」ってよく考えてしまうし、実際に「どうやって答えればいいか分からないから人と会話するのが嫌い」という人もいると思います。

人間である以上、話を聞いているとどうにかしてあげたくなってしまうのだそうです。しかし多くの場合、相手が求めているのは話を聞いてもらうことであって、実際は「何と答えればいいのか分からない状態になるくらい聴くこと」が大事。

僕たちは人の話を聞くとき、相手の立場や経験によって、自然と聞き方を変えてしまいがちです。上司の話を聞く時には背筋が伸び、後輩の話を聞く時は足を組んだりと...。

聞く以前に、相手の立場に応じて価値判断を加えてしまっていることも覚えておく必要があります。

何より難しいのは、どうすれば相手の立場に関わらず好奇心を持って話を聴くことができるのかということではないでしょうか。

私が学んだ聴くことの真の秘訣は、自分のことはどうでもいいということです。

「知性豊かで創造力がある人になれる LISTEN」p.225

これは本書の中に出てくるナオミ・ヘンダーソン氏の言葉です。彼女いわく「自分のことはどうでもいい」とは、空のコップを相手に差し出し、相手の言葉で満たしてもらうことしかし相手のコップは決して満たしてはいけないのだそうです。

おそらく僕は、相手の話を聞く時点でコップが半分くらい埋まっているんでしょうね。そして時には、自分のコップ以上に相手のコップが埋まってしまうこともあります。

抽象的な表現だけどすごくイメージしやすいので、誰かと話すときは「空のコップ」をイメージしてみるのもいいかもしれません。

しかし何というか、人と話さずして聞くことのトレーニングはできないものかと考えてしまいますが、本書の中にいい方法が書いてありました。

私たちの内なる対話は、まわりの言葉の受け止め方をゆがめ、相手にも影響し、人づきあいでの私たちのふるまいにも影響してしまうのです。

「知性豊かで創造力がある人になれる LISTEN」p.285

内なる対話とは、要するに「ひとりごと」です。ひとりごとは声に出すこともあれば声に出さないこともあります。本書の中では、ポジティブなひとりごとが「聴くこと」において重要であると書かれています。

例えば先ほどお伝えした会話中の価値判断も、心の中で行われるひとりごとです。相手を非難したり罵倒するようなひとりごとが多い場合、話を聞く時に気が散ってしまい、よい聞き手になれないことが多いそうです。

それはその通りですよね。言葉に出さないだけで心の中では批判しているので、会話に集中できるわけがありません。

さらに本書の中では、ひとりごとは自分の中の自分の声ではなく、自分の中の他者の声であると書かれています。ひとりごとを他者の声と捉えることで、絶え間なく行われているひとりごとがキャッチボールの相手となり、聴くことの訓練になるそうです。

ネガティブな反応はポジティブな反応の5倍の強さで感じられる。

「知性豊かで創造力がある人になれる LISTEN」p.311

これは本書の中で紹介されている「ゴッドマンの観察研究」による言葉です。相手を非難するようなひとりごと、あるいは自分自身を非難するようなネガティブなひとりごとは、ポジティブなものよりも5倍強く感じられるそうです。

だからこそ、ネガティブなひとりごとが実際の会話にまで影響してしまうんですね。無意識に頭の中で行われているネガティブな会話は、できるだけポジティブなものに変えていくべきです。

さいごに

「知性豊かで創造力がある人になれる LISTEN」の概要と印象に残った言葉を紹介しました。

本そのものにボリュームがあること、言い回しが少し難しい部分もあるので、「聴くこと」に関する入門書としては少し難しいと思います。

何冊か「聴くこと」に関する書籍を読んだ方、真剣に「聴くこと」を学びたい方には、とても参考になる書籍だと思います。

このブログは”人気ブログランキング”に参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると励みになります‼︎

備忘録・雑記ランキング

LINEでブログの更新をお知らせします

「nakagram」の更新はLINEでお知らせしています。nakagramを友達追加していただくと、最新の投稿を見逃しません‼︎

Twitterでフォローしよう

Recommend Posts