多肉植物に使いたいおしゃれな鉢「Mraina Pot(マリナポット」)

2021年12月から自宅のリビングでアガベを育て始めたNakaです。ブログをご覧いただきありがとうございます!

ブログの更新はSNSでお知らせしていますので、TwitterやInstagramもご覧いただければと思います。

nakagramのSNSアカウント

▶︎Twitter:@Naka_plants
▶︎Instagram:@nakagram_plants

実は先日、生まれて初めて多肉植物を植え替えました。

植え替えに合わせ、これまたはじめての「鉢選び」をしたわけですが、Marina Pot(マリナポット)という魅力的な鉢に出会うことができたので紹介しておこうと思います。

Marina Pot(マリナポット)とは

Marina Potのデザインは、鉢メーカーに勤務している陶芸家が作った鉢を原型にしたものだそうです。

釉薬(ゆうやく)を塗った焼き物ですが、ツヤがあるともないとも言えない質感となっています。

サイズ展開は3種類で、色は白と黒の2色。

  • SSサイズ:直径7cm×高さ5.5cm
  • Sサイズ:直径7.5cm×6.5cm
  • Mサイズ:直径11×8.5cm

鉢カバーではなく底穴のある鉢なので、同じ色、質感の受け皿が付属しています。

実はとてもお手頃な値段で多肉植物初心者でも手が出しやすいので、僕は3つも購入してしまいました。

  • SSサイズ:550円
  • Sサイズ:748円
  • Mサイズ:968円

Marina Potがおしゃれな理由は「いびつさ」

Marina Potがその辺にあるお碗や湯呑みのように見えないのは、色や質感に加えて「いびつさ」があるからだと思います。

形の整った線対称な鉢もおしゃれですが、少しだけいびつで手作り感があるおかげで、小さくても存在感があります。

多肉植物を購入した当初、鉢は白を選ぼうと思っていました。Marina Potの黒を見て心変わりしてしまったのですが、黒は大正解だったと思います。

白は膨張色なのでどうしても存在感が強くなってしまいますが、黒い鉢は引き締まるだけでなく植物の「緑色」を引き立ててくれます。

Marina Potに植え替え

初心者が多肉植物を植え替えるために準備しておくべきものの画像

分かりやすいように、他の鉢に入った植物も一緒に並べてみました。キュッと引き締まるだけでなく、他の鉢に入った植物よりも葉の色が際立っていることが分かるかと思います。

Marina Potは安くておしゃれな鉢

今回の記事では、Marina Potという安くておしゃれな鉢を紹介しました。サイズ感が小さめなので、やはり多肉植物の植え替えに向いていると思います。

ちなみにMarina PotはTOKYさんで購入できます。一度覗いてみてはいかがでしょうか。

LINEでブログの更新をお知らせします

「nakagram」の更新はLINEでお知らせしています。nakagramを友達追加していただくと、最新の投稿を見逃しません‼︎

Twitterでフォローしよう

Recommend Posts