BARRELの植物育成LEDライト「Plantlight 20W」は何ルクスあるのか。

2021年12月から自宅のリビングでアガベを育て始めたNakaです。ブログをご覧いただきありがとうございます!

ブログの更新はSNSでお知らせしていますので、TwitterやInstagramもご覧いただければと思います。

nakagramのSNSアカウント

▶︎Twitter:@Naka_plants
▶︎Instagram:@nakagram_plants

植物育成LEDと言えば、必ずと言っていいほど出てくるのが「アマテラス」と「ツクヨミ」ではないでしょうか。

アマテラスもツクヨミも販売するのはBARRELですが、BARRELには下位モデルの「Plantlight」というシリーズがあります。

僕も室内で「Plantlight 20W」を使っているのですが、アマテラスやツクヨミと比べてどの程度の照度なのかが分からないので、実測してみることにしました。

1植物育成LEDライト BARREL「Plantlight 20W」の照度計測に使ったモノ

室内で使用しているBARREL Plantlight 20Wが何ルクスあるのか、照度計を使って計測してみました。

計測に使用する照度計は、Amazonで購入した「AP-881E デジタル照度計」で、300,000ルクスまで計測が可能です。

2植物育成LEDライトBARREL Plantlight 20Wの照度を実測

BARREL Plantlight 20Wの照射距離は、付属している説明書によると60cmからとなっています。

今回は至近距離である照射距離20cm、30cm、40cm、50cm、70cmの15点で計測を行いました。

また、直下ではなく左右にずらした場合にどの程度の照度となるのか、左右にも10cmずつずらして計測をしていきます。

BARREL Plantlight 20Wの照度|直下で計測した場合

BARREL Plantlight 20Wの光りが直線的に当たる場所で、照射距離をずらして測定した場合です。

照射距離 照度
20cm 34690Lux
30〜40cm 4050Lux
50cm 30990Lux
70cm 18550Lux
直下で計測した場合

BARREL Plantlight 20Wの最高照度は、照射距離20cmで約35000ルクスと、40000ルクスを超えることはありませんでした

また、照射距離30〜40cmではどの点で何度計測しても10000ルクスを下回る結果となりました。

しかし照射距離が50cmになると直下のように30000ルクスを超えるようになりました。

3BARREL Plantlight 20Wの照度|左右にずらして計測した場合

照射距離50cmのまま、直下から横に10cmずらしていった場合の測定値です。

直下から横への距離 照度
10cm 25550Lux
20cm 14940Lux
30cm 8930Lux
照射距離50cmのまま横にずらしていった場合

照射距離50cmでの横への移動は、10cmずらすごとに約10000ルクス下がる結果となりました。

4実際にBARREL Plantlight 20Wの照度を測定してみて感じたこと

最高照度は約35,000ルクスで、ツクヨミの最高照度100,000ルクスの約1/3となりました。おそらく100,000ルクスと35,000ルクスの間にアマテラスが位置するので、アマテラスは50,000〜80,000ルクス程度になるのではないかと思います。

驚いたのは照射距離が30〜40cmだと逆に照度が下がるということです。LEDライトの構造によると思いますが、光を反射させるリフレクターなどが影響しているのかもしれません。

また、ライトに近ければ近いほど照度が高くなるわけでもないようです。直下で35,000ルクスとなりましたが、実は照射距離50cmでも直下に近い値となることがありました。

照射距離50cmで直下に近い値が確認された

横にずらした場合は10cmごとに10,000ルクスずつ照度が下がっていきます。照射範囲で言えば、やはり直下の方が照度が高いことが確認できました。

まとめ

BARREL Plantlight 20Wの照度を計測してみた結果、以下のようなことが分かりました。

  • BARREL Plantlight 20Wの最高照度は40,000ルクス未満
  • 照射距離は少なくとも50cm離した方がよい
  • 照射範囲は直下からの横に10cmずらすごとに10,000ルクスずつ照度が低下する

BARREL Plantlight 20Wの価格はツクヨミやアマテラスの約半分なので、今回の結果は価格相応だと感じます。

太陽光は直射日光で100,000ルクス、曇りや明るい日陰で10,000ルクス、雨の日で1,000ルクスと言われています。

僕のように日照条件が良くない環境の場合、室内でBARREL Plantlight 20Wの効果を最大限発揮させるためには、照射距離50cm、照射範囲は直下から半径10cm以内にするのがベストです。

これにより、日照条件の悪い室外よりも良い環境で、植物に光を与えることができます。

このブログは”人気ブログランキング”に参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると励みになります‼︎

備忘録・雑記ランキング

LINEでブログの更新をお知らせします

「nakagram」の更新はLINEでお知らせしています。nakagramを友達追加していただくと、最新の投稿を見逃しません‼︎

Twitterでフォローしよう

Recommend Posts