手術室看護師が読むべきおすすめの本

手術看護の専門家、Nakaです。ブログをご覧いただきありがとうございます!

ブログの更新はSNSでお知らせしていますので、TwitterやInstagramもご覧いただければと思います。

nakagramのSNSアカウント

▶︎Twitter:@NK_PONS
▶︎Instagram:@nk_pons

今回は、手術看護の専門家として、認定看護師として、手術室看護師におすすめしたい手術看護関連の本を紹介していきます。

 

最近は内容を理解しやすくするため、噛み砕くどころか重要なポイントを端折ってしまう書籍も多く見かけます。

 

特に「マンガで分かる」系は、かなり根拠に乏しい傾向を感じております。

 

信頼できる本というのは、基本的に歴史があって、時代に合わせて繰り返し改定されていくものです。

 

その結果、多少理解に苦しむ内容となってしまうのはしかたがありません。しかし我々はエビデンスをベースに看護を行うわけなので、エビデンスを端折って説明するような書籍だけは絶対に手を出してはいけないのです。

 

今回紹介する書籍は、エビデンスに富むもの、オリジナリティがあり手術看護を明確に説明するものばかりです。

 

ぜひとも、一冊ずつ揃えていただければと思います。

 

特にこれから手術看護に携わる人には絶対読んでほしいし、逆にこれ以外の書籍が必要となることはほぼありません。

周術期管理チームテキスト

日本麻酔科学会や日本手術看護学会をはじめとした多職種の学会が合同で作成しており、看護師だけでなく周術期に携わるすべてのスタッフ必携の書籍と言えます。
本書は日本麻酔科学会認定の「周術期管理チーム」資格取得のためのテキストでもあるため、本書を使っての勉強が資格取得につながることもポイントです。

手術看護に見る匠の技

土藏氏は手術室看護師の行動に焦点を当て、その効果を量的に示す研究をされました。
手術室看護師が抱く他部署からの偏見にも着目して書かれており、手術室看護師であれば誰もが共感できる内容となっています。
また、手術看護と看護理論を照らしわせて、手術看護分野にもいかに看護の要素が多く存在するかを示しています。
「手術看護って何⁈」と迷い始めた方にもおすすめしたい書籍です。
スポンサーリンク

MGH麻酔の手引き

日本麻酔科学会の会長も務めた稲田英一氏が翻訳を務めています。
先に紹介した周術期管理チームテキストやその他の麻酔書と比べると、ある程度知識がなければ理解できない部分が多いです。
しかし、そこがいいところでもあります。
本書を理解するためにはさらに勉強が必要で、「分かったつもり」になることができないために、読み込めばかなりの知識がつきます。
僕はこの「MGH麻酔の手引き」を時間をかけて1冊読み込むことで、かなりの知識を得ることができました。

麻酔書を購入するのであれば、まずはMGHと言えます。

まとめ

今回は手術看護師向けの手術看護関連のおすすめ本として、3冊を紹介しました。

この3冊で、すべての手術室看護師が基本的に持っておくべき知識を網羅できるはずです。

どんな本を買えばいいのか迷っている方は、ぜひ今回の記事を参考にしていただければと思います。

LINEでブログの更新をお知らせします

「nakagram」の更新はLINEでお知らせしています。nakagramを友達追加していただくと、最新の投稿を見逃しません‼︎

Twitterでフォローしよう

Recommend Posts