男の一人暮らし。初めての植物に「アガベ」をおすすめする理由

2021年12月から自宅のリビングでアガベを育て始めたNakaです。ブログをご覧いただきありがとうございます!

ブログの更新はSNSでお知らせしていますので、TwitterやInstagramもご覧いただければと思います。

nakagramのSNSアカウント

▶︎Twitter:@Naka_plants
▶︎Instagram:@nakagram_plants
コロナ禍で外出が減り植物を育て始めたという人も多いと思いますが、実は僕もそのひとりです。
これまで観葉植物、多肉植物をいくつか購入しましたが、一人暮らしの男性が初めて植物を購入するなら、間違いなく「アガベ」がおすすめです。今回の記事では、なぜ一人暮らしの男性の初めての植物に「アガベ」がおすすめのなのかを紹介していこうと思います。

男の一人暮らし、初めての植物がなぜ「アガベ」なのか

「植物を育てたい」という気持ちって、ふとした時に突然湧いてきます。例えば僕はたまたま立ち寄ったカフェの店内が緑で溢れていて、「こんな空間を家の中に作りたい」と感じたからです。

しかし男性は基本的にズボラですよね。いろいろと細かく調べてから購入する人もいるかもしれませんが、おそらく「思い立ったらすぐ行動」してしまうのが男性だと思います。

ちなみに僕も右も左も分からず勢いで植物を買い続けています。

直感的でありながらズボラな男性になぜ「アガベ」がおすすめなのかというと、他の植物に比べて圧倒的に愛着が湧きやすいからです。

アガベに愛着が湧きやすい理由

まずは、現在僕が所有している植物を紹介します。

  • サンスベリア
  • オリーブ(コロネイキ)
  • エケベリア(スターライト)
  • グラプトセダム(カリフォルニアサンセット)
  • セベデリア(ブルーレティシア)
  • アガベ(笹の雪)

植物にハマっているのでどれも大切に育てることができていますが、僕も含めズボラな男性は、愛着が湧かないものはすぐに飽きてしまうんですよね。

せっかく買った植物なのに飽きてしまって枯らすのは可哀想じゃないですか。だから一人暮らしの男性が初めての植物を選ぶ基準は、何よりも「愛着が湧くかどうか」が重要です。

アガベって世界中に愛好家がたくさんいて、多肉植物の中でも特に人気の高い種類なんですね。僕もいくつか所有している植物の中で特に興味をそそられ惹かれるのがアガベ。なぜこれほどまでにアガベに惹かれるのかを紹介していきます。

アガベはかっこいい

アガベは竜舌蘭(リュウゼツラン)科の植物で、多肉植物のひとつです。プニプニでプルプルな可愛らしいイメージの多肉植物とは違い、カチカチでトゲトゲであることが特徴です。同じ多肉植物でも質実剛健なイメージで、男性らしく見た目にもかっこいい植物です。

アガベは育てやすい

品種によって差はありますが、基本的にアガベは育てやすい品種です。原生地は温暖な乾燥地域ですが、寒さにも比較的強く寒暖差のある日本でも育てやすい植物です。霜や雪にだけ触れさせないように注意することと、水やりも少なくていいので、「気が向いた時に少しだけ」という僕みたいなズボラな男性でも育てられます。

アガベは品種が多く、レアものもある

コレ、男性にとって大事なポイントだと思うんです。男性はどこにでもあるような植物よりも、希少性が高くて所有感を得られるような植物の方が愛着が沸きやすいですよね。アガベは愛好家が多いので、品種が多いだけでなく、他の植物に比べると若干高価です。あれこれいろんな種類を買うよりも、「コレ」と決めたお気に入りの品種だけを一球入魂で育てるのにぴったりの植物だと思います。

風水的な意味合い

僕はあまり気にしていませんが、アガベにはトゲがあり、風水的に「邪気を払う」という意味合いがあるそうです。インテリアに風水を取り入れている男性にもおすすめできそうなポイントです。

まとめ

一人暮らしの男性が育てる植物としておすすめの「アガベ」の画像

アガベは女性らしいプニプニでプルプルな多肉植物ではなく、直線的で棘のある男性的な植物です。

複数の品種がありレア者も多いため、「とりあえずひとつ育ててみたい」という一人暮らしの男性は、ぜひともお気に入りの品種を見つけて育ててみてください。

きっと、愛着が湧くと思います。

このブログは”人気ブログランキング”に参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると励みになります‼︎

備忘録・雑記ランキング

LINEでブログの更新をお知らせします

「nakagram」の更新はLINEでお知らせしています。nakagramを友達追加していただくと、最新の投稿を見逃しません‼︎

Twitterでフォローしよう

Recommend Posts